Contact Info.
  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

​お問い合わせ連絡先

Project Member

Yuko SHIUCHI

Hideko TABATA

Yuki ZENDA
Kaori YOKOKAWA

Naomichi YOKOKAWA(Jr.menber)
Akifumi MAEHATA

Yousuke TANIGUCHI

others

代表profile

​山崎やよい

Yayoi  Yamazaki

1958年、京都府宮津市生まれ。考古学者。1989年よりシリア第2の都市アレッポをベースに活動を続ける。テル・アバル、テル・コムロック発掘調査、テル・ハディヤ発掘調査、テル・ベイダル発掘調査、アインダーラ神殿遺跡修復事業などに参加。その他、JICA(国際協力機構)の専門家として、ヨルダンにて博物館教育活動にも関与。シリア国立アレッポ大学考古学科講師の経験も持つ。テレビ取材のコーディネーションや通訳としても活躍中。

Former lecturer of the Department of Archaeology at the National University of Aleppo, Syria. Founding member of IBRA WA KHAYT.

About Ibra wa Khayt

考古学者

元アレッポ大学講師

ーイブラ・ワ・ハイトはアラビア語で「針と糸」を意味しますー

泥沼のシリア紛争の中、生活基盤のほぼ全てを失った女性たちに「針と糸」で収入の道を開くプロジェトです。

Ibra wa Khayt-i.e.‘needle and thread’in Arabic-is our project to collaborate with Syrian women to help re-establish their lives, using these simple tools.

The Ibra wa Khayt Project

シリア国内外の難民の数は膨大なものとなっており、被災者自身が生計をたてるための「自活支援」が急務となっています。とりわけ、極めて厳しい現状化にありながらシリア国内に留まざるを得ない人、あるいは、難民キャンプ外で国外避難を行っている人々には、実質的な支援が届いていないのが現状です。特に一家の働き手を失った女性・子供の世帯は困窮を極めています。そのような中、手芸品を製作・販売して、わずかながらでも収入を得ようとするシリア人女性が、シリア国内外に現れはじめました。いま、シリアでは、家、仕事、一家の大黒柱、そして社会インフラも含めて、生活基盤のほぼ全てが失われつつありますが、女性たちの手にはまた、独自の技術が残っています。

As the crisis continues,millions of displaced people need to find new ways of supporting themselves.To add to their burden, many families have lost their livelihood or their principal income earner.

In this difficult situation,Syrian women are seeking to support and care for their families by using their own skills. We,Ibra wa Khayt,a group of professional women who have worked or lived in Syria,decided to assist them with some simple implements,such as needle and thread, so they can rebuild their future. 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now